お問い合わせ

DAMA日本支部への各種お問い合わせは、以下までお願いします。

【入会・退会に関するご相談・お問い合わせ】

管理担当理事にメールする


【カンファレンスに関するご相談・お問い合わせ】

企画担当理事にメールする


【ご意見・ご要望】

広報担当理事にメールする


【その他 各種お問い合わせ】

QA担当にメールする


【よくあるご質問(FAQ)】

ご質問 ご回答 備考
インボイス制度への対応方針を教えてください。 当会は「免税事業者」であり「適格請求書発行事業者」ではありません。
インボイス制度上の登録番号の通知等は行いませんのでご了承ください。
当会は、データマネジメントの普及促進を目的に設立された法人となります。
基本的には会員の皆さまに向けた非営利事業を中心とした活動を行っているため、インボイス制度施行後も「免税事業者」として事業運営を続ける方針です。
ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。
DMBOK Ver.1の日本語版は、入手できますか? DMBOK Ver.1日本語版の入手が困難な状態が続いています。
出版社からの情報では、「DMBOK1の増刷予定はございません」とのことです。
DMBOK Ver.2 日本語版の電子書籍はありますか? DMBOK2 日本語版の電子書籍は販売されておりません。
出版社からの情報では、しばらく発刊する予定が無いと聞き及んでおります。
申し訳ございませんが、書籍でのご購入をご検討ください。
DMBOK Ver.2 日本語版をDAMA日本支部から購入できますか? DAMA日本支部では、DMBOK(英語版、日本語版ともに)の販売は、行っておりません。
申し訳ございませんが、書店等でのご購入をお願いします。
DAMA JとDAMA Iの関係と役割の違いはどういうものですか DAMA-Iは国際的な組織ですが、米国内でのDM推進活動と各地域の支部の取りまとめなどを行っています。
DAMA-Jは、DAMA-Iの日本支部になり、日本国内でのDMの普及・推進に取り組んで活動しています。
役割の違いは特にありませんが、DMBOKの編纂はDAMA-Iが行い、各国支部が翻訳する形になっています。
DAMA日本支部の入会するメリットはどういうものですか 会員の形態として個人会員、法人会員の2種類がありますが、
個人会員と比較して法人会員は会費面で割安のメリットがあります。
  個人会員:10,000円(1名)
  法人会員:30,000円(5名様まで登録可能)
  ※10月1日~3月31日入会の場合はそれぞれ上記金額の半額
個人会員、法人会員共通の会員特典としては次のような内容があげられます。
■会員特典
・DMBOK2概説セミナーの録画視聴 (会員期間中は何度でも視聴可能)
・ADMCの過去講演録画視聴    (会員期間中は何度でも視聴可能)
・DMBOK2概説セミナーの無料参加(現在は非会員でも特例で無料参加可能)
・ADMCへの無料参加      (現在は非会員でも特例で無料参加可能)
・開催中の各分科会への参加
分科会活動概要
定款や規約などをPDF等の電子文書で欲しいのですが、もらえますか。 弊会の規約等の資料は、すべてオンライン文書となっており、PDFなどの電子文書はございません。
書面や電子データでのご提供は実施しておりません。
必要な場合は、申し訳ございませんが右記記載ページをご確認ください。
組織概要と理事
定款・支部規約
資産管理ポリシー
個人情報保護方針
サイトポリシー
分科会活動概要
DAMA I/ DAMA Jは、非営利組織でベンダー非依存の協会との認識ですが、企業会員の役割や会員になることの意義などあれば、教えてください 法人会員の義務的な役割は特にありません。登録情報に変更が生じた際に企業としてご連絡いただく必要がある程度です。
法人会員としての特典は、個人では1万円/年の年会費が、法人の場合5名まで登録でき、年内のメンバー変更も自由ということで、DMの普及には利点があると思います。
また、他にも上記活動内容への参加がすべて無料、EDWの参加費が安くなるなどの特典もあります。
DAMA Jの企業会員になるための条件がありますか 会員規約の6項や11項に記載されている通りですが、特に会員になるための条件はありません。
入会に際し、理事会の確認・承認を必要としているのは反社会的勢力を排除する目的です。
会員規約
会員企業名や認定者数を教えてください 個人情報保護の観点から、公開できかねます。ご容赦ください。
DMBOK2を活用してのビジネスを推進(SIなど)する際の条件があればお教えください。 DMBOK、DMBOK2を参考にしてビジネス推進にご活用いただくことは構いません。むしろ積極的にご活用いただきたく思います。
ただし、DMBOKの教育実施など版権に直接的にかかわるようなビジネス活動はDAMA-Iの承認や契約を必要としますので、ご注意ください。
DMBOK2の本文や図版を引用する際の条件について教えてください。 通常の文献と同様に、常識の範囲で、出典元記載の上での一部引用は可能です。
ただしDAMAホイール図については下記の回答をご参考ください。
DMBOK2のDAMAホイール図を利用する際の条件について教えてください。 非営利目的で、図を改変せずにDAMAが著作権者であることを明記するのであれば、自由にご利用ください。
営利目的で利用されたい場合は、DAMA日本支部QA担当までお問合せください。
(クリエイティブ・コモンズ BY-NC-NDライセンスに従います。ライセンスの詳細は以下をご参照ください。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja)
DAMAホイール図の著作権は DAMA International が保有しております。
現在、DAMA-I でダウンロードできるコンテンツは、DAMAホイール図とDMBOK2 各章のコンテキスト図です。

【DAMAホイール図のダウンロードURL】
https://www.dama.org/cpages/dmbok-2-wheel-images

【DMBOK2 コンテキスト図のダウンロードURL】
https://www.dama.org/cpages/dmbok-2-image-download

各URLにある Creative Commons のライセンス条件(図の改変禁止、DAMA Internatilnal が著作権者であることの明記等)の内容を理解、満たしたうえでご利用ください。

DAMA日本支部ではDAMAインターナショナルおよび日経BPの許諾を得て、DMBOK2日本語版画像をダウンロードできるようにしました。
下記リンクの利用条件をご覧いただき、ご活用ください。

DMBOK2画像ダウンロードサービスはこちら

ライセンス詳細

DAMAホイール図 DMBOK2 コンテキスト図